診療内容

Medical treatment content

生活習慣病に特化した診療

専門としている診療
   糖尿病、脂質異常症(高脂血症)、高血圧症、高尿酸血症(痛風)、
   
生活習慣病検診
■専門に準じて診療している疾患
   心筋梗塞、脳梗塞の再発予防
   睡眠時無呼吸症候群:睡眠時無呼吸検査(アプノモニター)と治療(経鼻的持続陽圧呼吸療法:CPAP)
   禁煙外来
■主な検査
 ●採血検査
最新検査機器により、短時間で結果説明が可能)
 ●持続血糖測定検査(CGM、FGM)
 ●血圧脈波検査(ABI/PWV)
 ●頸動脈エコー検査
 ●体組成検査:筋肉量・体脂肪量測定(InBody®)
 ●基礎代謝測定検査
■主な専門治療
 ●インスリン治療
 ●インスリンポンプ治療(CSII、SAP)
■その他の特徴
 ●
完全個室待合:プライバシーが保たれ、ウィルス感染の心配がありません。

その他の診療

一般健康診断(定期健診、雇い入れ時健康診断など)
各種予防接種(インフルエンザ予防接種を除き原則予約制です。予めご相談下さい)
花粉症・アレルギー性鼻炎
AGA 男性型脱毛症(保険外)
ED(勃起不全)(保険外)

生活習慣病に特化した診療
Lifestyle-related diseases

生活習慣病治療のスペシャリスト

 当院は糖尿病、脂質異常症(高脂血症)、高血圧症、高尿酸血症などのいわゆる生活習慣病の治療を専門としたクリニックです。院長は泉区でも5人しかいない糖尿病専門医の資格を持った生活習慣病治療のスペシャリストです。

 健診で初めてひっかかったという方から、既に治療を受けているけど良くならないといった重症な方まで、幅広く対応できます。採血結果はもちろん当日にご説明可能です。なるべくお待たせせずにすむよう、最新の検査機器を導入し、採血から結果説明まで30分以内を目指しています。栄養相談や運動療法にも力を入れることで、生活習慣病の患者さんが10年先も20年先も健康でいられるような治療を目指しています。

 生活習慣病は、薬さえ飲めば治ってしまう、という簡単な病気ではありません。食生活や運動習慣を見直すことなしに治療するのは困難です。患者さんの食生活や運動習慣を共に考えていくためには、まずお一人お一人の生活環境、ライフスタイル、お仕事の内容、考え方などを良く知り、患者さんと深く向き合っていく必要があります。そこまでするのは一般のクリニックでは難しく、当院のような専門のクリニックが得意とするところです。

専門検査を駆使したオーダーメイドの治療

 一般的なクリニックや病院では、患者さんの適正なカロリー量を決めるのに、身長と体重から計算した値を用いています。しかし実際に必要なカロリー量というのは個人差がとても大きく、計算式から求めた基礎代謝はあまり当てになりません。それもそのはずです。同じ170cmで80kgの人でも、いわゆるビール腹で肥満体型の人もいれば、ボディービルダーのような筋骨隆々とした体型の人もいて、その代謝が同じであるわけがありません。しかし計算式から求めるカロリー量というのは、どちらの体型でも一緒になっていまうのです。多くの医療機関ではこのように不正確な方法で必要カロリーを求めていますから、必要以上に厳しいカロリー制限を指導されてしまっている患者さんもたくさんいるのです。

 当院ではそのような不正確な計算式を用いることなく、きちんと患者さん一人ずつ調べて必要なカロリーを計算しています。具体的にはまず体組成検査(InBody®)を活用し、その患者さんの筋肉量と体脂肪量を測定することで、その患者さんの本当の基礎代謝量を測定しています。必要があればさらにMedGem®メタボリックアナライザーを用いて、実際に基礎代謝量を測定します。さらにライフスタイルを詳しく伺うことで日常生活での活動量を把握し、患者さん一人一人に本当に必要なカロリーをきちんと把握したうえで、それに基づいて栄養相談をしていくのです。

心筋梗塞や脳梗塞の再発予防も、生活習慣が重要

 心筋梗塞や脳梗塞といった病気は、生活習慣病が原因で発症します。心筋梗塞や脳梗塞を起こした直後はもちろん循環器科や神経内科が専門科で治療を受ける必要があります。しかし急性期(発症後数週間)の治療が終わった後、これらの病気の再発しないように予防するためには、心臓や脳そのものの治療ではなく、むしろ生活習慣病の治療の方が重要なのです。ですから、急性期を過ぎた心筋梗塞や脳梗塞の治療は、むしろ当院のような生活習慣病クリニックが得意とするところです。

早めの生活習慣病検診で、病気の発見ではなく、病気の予防を

 生活習慣病は、定期的に検診を受け、その兆候が出始めた時に早めに対処することで、予防することもできる病気です。しかし一般的には予防の重要性があまり認知されておらず、多くの検診は「既に病気になった人を見つけること」を目的にしています。当院の検診は、「病気を予防すること」を目的としていますので、病気の前段階から専門医のアドバイスを受けられるのが特徴です。病気になってから治療するより、病気にならないよう予防する方がずっと簡単です。積極的に検診を受けて、病気を予防、健康を維持しましょう。
 
料金 (全て税込み)
検診
生活習慣病予防検診 11550円
オプション
当日検査結果説明 1650円(オススメ①
動脈硬化検査(頸動脈エコー) 5500円
血管年齢測定(ABI/CAVI) 1100円
体組成検査(体脂肪量や筋肉量の測定) 550円(オススメ②
基礎代謝測定(消費カロリーの測定) 3300円

オススメ①:一般の医療機関の検診では、検査結果が後日郵送などで通知される場合がほとんどです。しかしこれでは、検診結果を見て心配なことがあっても、直接医師に相談することができません。「結果には『要経過観察』って書いてあるけど、本当に大丈夫なのかな?」と不安になったことはないでしょうか。当院では検診検査結果をその日のうちに説明し、心配な点があれば直接医師と相談することができます。生活習慣病予防検診は受けることが目的ではありません。検診を受けることで早めに病気の兆候を発見し、生活を見直すことで病気を予防することが目的です。その為にはぜひ検査結果を説明を受けましょう。

オススメ②:皆様は「痩せメタボ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?「メタボ」というと普通は太っていて生活習慣病になりやすい人を想像しますよね。しかし実際には、体重を見ると一見全く太っていないように見えるけれど、実は内臓脂肪が多く生活習慣病になりやすい人がたくさんいらっしゃいます。こういう方は運動習慣がなく、筋肉が少ないため一見体重は多くないのだけれど、実は脂肪量が多いのです。特に現代の日本人にはこういう方が多く、太っていないからと油断していると糖尿病などの生活習慣病になってしまうのです。一般の検診では身長と体重、せいぜい腹囲までしか測りませんから、「痩せメタボ」を見つけることはできません。当院の体組成検査では体脂肪量や筋肉量の測定ができます。特に運動不足を感じている方にはオススメです。しかも値段も550円(税込)ですから、是非気軽に受けてみてください。

※オプション項目のみご希望の場合は、別途診察料として3300円を頂いております。

(※令和2年クリニック開設のため、令和2年度は市町村が実施する特定健診は当院では受けられません。令和3年度以降に受けられるようになる予定です)

セカンドオピニオン

 当院では糖尿病治療に関するセカンドオピニオンを受け入れております。セカンドオピニオンは、いまの主治医に治療してもらいつつ、別の専門医から治療を見直してもらう方法です。

「今通院しているクリニックを変えたいと思っているわけじゃないけど、本当にこの治療で良いのか確認したい」
「本当は専門医に通院したいけれど、毎月通うには遠い」
「ずっと通わなくてもいいけど、一度は専門医にみてもらいたい」

こういったお考えの方にピッタリのシステムです。保険適応にはならず自費負担になりますが、安心して糖尿病治療を受けられるよう、一度は専門医に治療内容を見直してもらうことをお勧めします。

セカンドオピニオンご希望の方は、なるべく今のかかりつけ医からの紹介状をもらって下さい。紹介状がなくてもアドバイスは可能ですが、あった方がより正確なアドバイスが可能です。またお薬手帳は必ずご持参ください

セカンドオピニオン外来では、薬の処方はできません。あくまで治療のアドバイスのみとなります。当院での継続的な治療をご希望の場合は、通常の保険診療となります。
 

完全個室待合
waiting room

 当院は患者さんが安心して通院できるよう、待合室を完全個室としています。受診される患者さん同士の接触がほとんどありませんので、持病をお持ちの方でもコロナウィルスやインフルエンザウィルスを心配せず、安心して受診していただけます。またプライバシーも保たれますので、偶然知り合いとあって病気のことが知られてしまう、という心配も少なくなっています。

 生活習慣病、特に糖尿病をお持ちの方は、免疫力が低下しており、コロナウィルスやインフルエンザウィルスなどの感染症が重症化しやすいことが知られています。しかし多くの医療機関では生活習慣病の患者さんと、それ以外の患者さんの診療を同時に行っているため、待合室などの院内で感染症が移ってしまう危険があります。そこで当院では個室待合をご用意いたしました。また、糖尿病などの生活習慣病をお持ちのことを、周りには伏せておきたい方もいらっしゃるでしょう。そういった患者さん方も安心して通院できる環境です。

(個室の数には限りがあります。事前予約の方、採血当日に結果説明が必要な方を優先させて頂きます。個室がいっぱいの場合は、一般的な待合室でお待ちいただきますので、予めご了承ください。また感染の可能性のある方は、院外で待機していただく場合もあります)

その他の疾患について
About other diseases

健康診断

 定期健康診断雇い入れ時健康診断が可能です(労働安全衛生法に定められた法定項目の採血、レントゲン、心電図、聴力検査等は全て可能です)。オプション項目については生活習慣病検診もご覧ください。

 特定健診(40歳~74歳の国民健康保険加入者が受けられる、市で実施しているもの)は今年度は受け入れしておりません。他の医療機関で受けてください。

 当院の専門性を活かした生活習慣病検診も行っております。一般の定期健康診断では40歳未満の方は血液検査が省略されてしいまう場合がありますし、また採血があっても項目数が少なく、初期の糖尿病や糖尿病予備軍の段階だと見逃してしまうことも多いのです。糖尿病などの生活習慣病は、より早期の段階で発見することで、より簡単に予防・治療が可能です。生活習慣病は早いと20代から発症する方もいます。定期健診だけではなく、ぜひ生活習慣病予防検診を受けましょう。

 当院の生活習慣病予防健診の特徴としては、InBody®を用いた体組成検査が含まれていること、そしてその結果に基づいて、糖尿病専門医によるアドバイスが受けられることです。また必要な方には管理栄養士との面談も可能です。糖尿病を始めとする生活習慣病は、発症前から気を付けることで予防できる病気です。ですが何をどう気を付ければ良いかは、個々人によっても異なり、一般内科での判断は意外と難しいものです。しかしほとんどの医療機関では一般内科の医師が健診を担当しており、発症前の段階から専門医のアドバイスを受けられる医療機関は、非常に稀です。将来生活習慣病が不安な方は、ぜひ当院での生活習慣病予防健診を受けることをお勧めします。

予防接種(ワクチン)

 各種予防接種を行っております。基本は全て予約制です。事前にお電話でご予約下さい。シーズン中のインフルエンザのみは予約不要ですが、お待たせする場合もありますので、やはり予約をお勧め致します(時期は別途「お知らせ」をご覧ください)。基本的には16歳以上の予防接種のみ行っておりますが、インフルエンザの予防接種のみ小児(3歳以上)も受付可能です。

 高齢者インフルエンザ予防接種の助成券をお持ちの方も当院で接種可能です。仙台市だけではなく、富谷市の方でも当院で予防接種可能です。

 高齢者肺炎球菌定期接種(市町村からの助成券がある方)は、10月から受付開始予定です。こちらも仙台市だけではなく、富谷市の方でも当院で予防接種可能です。

 糖尿病をお持ちの方は免疫力が低下しており、インフルエンザや肺炎球菌に感染したとき、重症化しやすいので注意が必要です。ぜひ定期的に予防接種を受けましょう。

 
・インフルエンザ
・肺炎球菌
・ムンプス(おたふくかぜ)
・麻疹(はしか)
・風疹(三日はしか)
・MR混合(麻疹・風疹)
・B型肝炎
・他応相談

 

睡眠時無呼吸症候群

 当院では外来でできる睡眠時無呼吸検査(アプノモニター)や、治療(経鼻的持続陽圧呼吸療法:CPAP)を行ってます。入院検査(PSG:ポリソムノグラフィー)検査が必要な患者さんは、検査ができる医療機関と連携しております。いびきや、日中の眠気が気になる方はぜひご相談下さい。

 睡眠時無呼吸症候群は文字通り、睡眠中に呼吸が止まってしまう病気です。睡眠時無呼吸症候群は睡眠の質を落とし、日中の眠気を引き起こしたり、交通事故の原因になるだけではなく、生活習慣病を悪化させたり、時には突然死を引き起こす、危険な病気です。自分ではちゃんと眠っているつもりで、自覚症状が無い場合も多いです。睡眠時無呼吸症候群は、治療さえ受ければ簡単に治るものではなく、根治するためにはやはり生活習慣の改善や減量が必要ですし、その他の生活習慣病が隠れていることも多いため、当院のような生活習慣病専門クリニックでの治療がオススメです。

禁煙外来

 当院では禁煙外来も行っております。生活習慣病で通院中の方はもちろんですが、生活習慣病は無く、禁煙外来のみで受診の方もちろん歓迎しております。

 喫煙は肺がんの原因になるだけではなく、実は脳梗塞や心筋梗塞の原因でもあります。特に生活習慣病をお持ちの方が喫煙すると、健康な方に比べてこれらの病気が10倍~20倍も増えることが知られており、非常に危険です。そこで当院では禁煙外来も積極的に行っています。

 喫煙は健康を害するだけではなく、金銭的にも非常に負担になります。1日1箱を20歳から70歳まで吸った場合、タバコ代だけでも700万円以上、医療費などの諸経費を加えると1600万円になるという試算もあります。逆に禁煙できれば、それだけのお金が浮くということですね。

 喫煙は趣味ではなく、ニコチン依存症という病気です。喫煙をせずにニコチンが切れてくると、「口が寂しい」「集中力が切れる」「ストレスがたまる」といった、禁断症状が出てくるため、また吸ってしまうのです。「仕事のストレスを喫煙で解消しているんだ」と勘違いしている方が多いですが、あくまで禁断症状をストレスに感じているだけで、仕事のストレスとは関係がありません。その証拠に、たいていの方は休日にも喫煙しています。

 「本当はタバコを止めた方が良いと分かっているんだけど、つい吸ってしまう」という自覚があれば、禁煙外来の出番です。禁煙治療により禁断症状を軽減し、辛い思いをせずに禁煙することができますので、是非ご相談下さい。

 禁煙外来は通常は保険診療が可能で、3か月間の治療で自己負担は約2万円です。タバコ代3か月分よりも安いくらいですね。

花粉症・アレルギー性鼻炎

 花粉症は生活習慣病ではありませんが、生活習慣病の患者さんに合併することも多いため、豊富な治療経験があります。また院長自身も花粉症に悩まされてきたため、その経験も活かして治療を行っております。

 花粉症の薬は実は危険な薬も多く、眠気を引き起こすために「服用中は運転してはならない」という制限のある薬もあります。漫然と服用していると危険ですが、意外と知らずに内服している方も多いのです。また市販の点鼻薬の中には依存性があったり、長期間使うとかえって症状を悪化させてしまう薬もあります。当院ではそのような副作用が無いものを中心に、各種抗アレルギー薬の内服・点鼻・点眼薬を組み合わせて治療しています。お気軽にご相談下さい。ただし各種内科的治療で改善しない場合、鼻そのものの異常(鼻中隔湾曲症など)が隠れているケースもあり、こういった場合は耳鼻科を紹介させていただきます。

AGA 男性型脱毛症(保険外)

 当院ではAGAの治療も行っております。AGAは本来皮膚科が専門としている病気です。しかしAGAの進行には生活習慣も関係しており、治療も薬だけではなく生活習慣の見直しも必要です。AGAの患者さんの中には生活習慣病を隠れもっている方も多いため、AGAと生活習慣病を一緒に治療していく必要があります。

 院長自身もAGAに悩んだ経験も活かし、同じように悩める男性の手助けができれば、と当院でも治療を行っております。ぜひお気軽にご相談下さい。ただし毛髪量の測定等は行っておりませんので、あらかじめご了承下さい。

 男性に多い病気のため、女性の事務員や看護師には話しづらいと感じる方も多いかと思います。その場合は、どうぞ遠慮なく直接医師にご相談下さい。

AGAは多くの男性を悩ませる病気です。
  • 家系に薄毛の人がいる
  • 以前に比べて抜け毛が増えた
  • うぶ毛のような細い髪、短い髪が増えた
  • 思春期以降に髪の毛が薄くなった(幼少時から薄かったわけではない)
  • 額の生え際、頭頂部、いずれか、もしくは両方から薄毛が進行している

 こういった特徴が複数当てはまる方は要注意です。AGAはかなり進行してしまってから治療をしても効果が薄く、より早期に治療を開始することで、効果が期待できる病気です。気になり始めたら、是非早めにご相談下さい。

※AGAは自費診療になります
※当院に定期通院中の患者さんには割引があります
※定期通院でない方の場合は、初めに採血が必要ですので、別途費用がかかります


 

ED(勃起不全)

 残念ながらED治療は保険適応外ですが、ジェネリックもあり比較的リーズナブルに治療を受けることもできます。まずはお気軽にご相談下さい。男性の病気のため、女性の事務員や看護師には話しづらいと感じる方も多いかと思います。その場合は、どうぞ遠慮なく直接医師にご相談下さい。

 勃起が起こらない場合はもちろんですが、硬さが不十分、勃起状態が維持できないなど、満足な性交ができるだけの勃起が得られない状態も、EDと呼びます。毎回必ずではなく、「たまに勃起しない」という程度でも、ご本人が満足に感じていなければ、治療の対象になります。

EDになると「精神的な原因かも」と考えてしまいがちですが、糖尿病の方は動脈硬化や神経障害を原因とする精神とは関係ないEDを起こしやすく、自然と改善する見込みが低いため、治療をお勧めします


※当院に定期通院中の患者さんには割引があります
※定期通院でない方の場合は、初めに採血が必要ですので、別途費用がかかります

ページトップ