お薬を始めたらやめられない?

About oral hypoglycemic agents

お薬を始めたらやめられない?

 良く、「お薬を始めたらやめられないって聞いたんだけど」「お薬は一生続けないといけないと聞いた」ということをおっしゃる患者さんがいらっしゃいます。これはほんとうでしょうか?
 結論から言うと、ある程度本当のことです。「じゃぁやっぱりお薬は飲みたくないな」と思いますか?ちょっと待って下さい、本当にそれが正しいのでしょうか?このページを読んでもらえれば、大きく気持ちが変わることでしょう。
 

そもそもなぜお薬?

 そもそも糖尿病は生活習慣病なのに、なぜ薬が必要なのでしょうか。それは糖尿病が、実は生活習慣以上に体質が原因の病気だからです。確かに食生活の乱れや運動不足は糖尿病の大きな原因です。しかし、現代人で甘いものを全く食べないという人も滅多にいませんし、週150分以上の運動のための時間がある、という人の方が珍しいくらいです。でもそういった現代の日本人が全員糖尿病になるわけではありません。糖尿病の方の多くは、一般的の人とそれほど変わらない生活をしているにも関わらず、糖尿病になってしまうのです。それは体質が原因です。特に日本人は糖尿病になりやすい方が非常に多く、欧米人と違ってそれほど極端に太っているというわけでもないのに糖尿病になってしまう人が非常に多いのです。実際に当院の外来に通院している方の中にも、ちょっとした中年太り程度や、むしろ痩せ型なのに、糖尿病になってしまっている人がたくさんいらっしゃいます。
 体質というのは生まれ持ったもので、例えば髪の色をご自身の努力では変えることができないのと同様に、糖尿病になりやすい体質というのも残念ながら変えることはできません。では髪の色を変えたくなったらどうするでしょうか?大半の方は、美容室やあるいは自分で薬品を買ってきて、髪を染めると思います。糖尿病の場合も同様で、体質を変えようと思うとやはり薬を使うしかないのです。
 当院では、よほど高血糖の場合でない限りは、まずは食事や運動習慣の見直しで治療を開始します。しかしそれでも十分に血糖が下がらないときや、糖尿病体質が強いと考えられるときは、やはりお薬の治療をお勧めしています

薬を飲むのは悪いこと?

 生まれ持った体質というのは、良い体質も悪い体質も一生付き合っていかないといけないものです。ですから糖尿病になりやすい体質というのも、やはり治るものではありません。だから糖尿病の薬も、続けて飲まないといけないのですね。そこで多くの方は「じゃぁお薬は飲みたくないな」となるのですが、でもよく考えてください、本当にお薬を飲むのは悪いことなのでしょうか??
 糖尿病というのは、一応病気ということにはなっていますが、漢方でいうところの未病のようなものです。つまり糖尿病そのものは、取り立てて症状を出したり、生活に支障を来す病気ではありません。しかし糖尿病をきちんと治療しないことで、将来的に目が見えなくなったり、心臓や腎臓が悪くなったり、様々な病気の元になってしまうのです。ですから糖尿病をお持ちの方も、自分のことを「病人だ」と思っている方は少ないのではないでしょうか。
 では、今ぱっと見健康な方が、将来の健康を維持するために、定期的に飲むものをなんと呼びますか?ふつう、これはサプリメントと呼ばれますよね。実は病院で処方する糖尿病の薬というのは、病院で出すので薬と呼んでいますが、実質的には理想的なサプリメントなのです。糖尿病の薬というのは、糖尿病を治してしまう薬ではありません。血糖を抑えることで、将来の病気を予防するものなのです。実際、糖尿病の薬を始めた方と食事運動療法だけで様子を見ていた方を、5年間、10年間と比べてみると、薬を飲まれていた方の方がずっと病気が少なく健康的であることが分かっています

どうして薬を飲みたくない?

 そもそも、どうして薬を飲みたくないな、と思うのでしょうか。「糖尿病の薬は始めるとやめられないって聞いたから」「薬を飲んでいると自分は病気だって気持ちになってしまうから」と答える方が多いです。あるいは「余計な化学物質を体に入れたくない」と思う方もいるかもしれませんね。でも、どうしてそう思うのか考えてみて下さい。それはつまり、「健康でいたい」という気持ちが根本なのではないでしょうか。病気になってしまうのが嫌だ、余計なものが体に入ると健康に悪いのではないか、そういう不安から、薬を飲みたくない、と思うのだと思います。
 上でも説明した通り、糖尿病の治療薬というのはサプリメントみたいなもので、むしろ早いうちから始める方が健康を維持できることが分かっています。「とりあえず健康は二の次。薬を飲まないことが絶対条件で、そのためなら将来病気になっても構わない」とお考えなら別ですが(※)、そういう方は少ないと思います。「健康でいたい」というのが本当の気持ちなら、専門医で勧められたお薬は、やはり飲むことをお勧めします。

※中には意固地になってしまい、本当は健康でいたいという気持ちが最初だったはずなのに、いつの間にかお薬を飲まないことが目的になってしまい、健康を犠牲にしてでもお薬は飲みたくない、と考えるようになってしまう人がいるので、もったいないことです。でもそういう人に限って、わざわざ高くて効果もあまりないサプリメントを飲まれてたりして、不思議なことです。

おわりに

 糖尿病は生活習慣も原因の一つではありますが、体質も大きな原因です。体質を治療するのが薬になります。糖尿病治療薬はサプリメントのようなもので、早めに飲み始めることで、将来にわたって健康を維持するためのものです。食事・運動療法だけでは十分に血糖が改善せず、専門医から内服を勧められたときは、ぜひ不安がらずに治療を始めましょう。

ページトップ